[花珠]日本伝統の生け花を誰でも簡単に楽しめる、陶芸家がデザインした革新的な花器

[Hand Crafted] "Hanatama": The Modern Japanese Flower Stand
より詳しい情報と支援はこちらから
#Made in Japan

プロジェクトのポイント

【生けやすさの追求】特別な道具がなくても「生け花」が簡単に楽しめる
【誰もが楽しめる!】 アーティストによる生け方の実演ビデオ付き
【魅せる花立て】モダンな空間を演出する陶芸の芸術

プロジェクトのストーリー

日本伝統芸能のひとつ「生け花」が、誰でも簡単に楽しめる。そんなプロダクトが生まれました。
デザインされた意匠登録済みの丸みを帯びた花器「花珠(はなたま)」は、生け花の美しさと伝統に触発されたプロの陶芸家によるもの。伝統的なエッセンスを取り入れながらも、ご家庭でも、オフィスでも、どこでも、生け花を体験できるように設計されています。
生け花は通常、剣山と呼ばれる針の山に花や枝を配置することで行われます。 これは、生け花が空間にのびる花・枝の位置を重要視しているためで固定することで美しさを表現できる一方、初心者が行うには難しさがありました。 花珠は、陶器の穴に茎や花を差し込むだけでできるので、美しい洗練された外観を与えるだけでなく、剣山を使用せずに思い通りの形に花を生けることが出来ます。 必要なのは、お皿などの器、花珠、はさみ、お好みの花だけです。
フラワーアーティスト 益子氏による実演ビデオもリワードに追加。 実際に花珠を使って生け花を行っていただきました。「洋花や和花を自宅で飾ったり、イベントで巧みに飾ったり、この唯一無二な花器を使えば、どんな花でも簡単にアイデアを形作ることができます。」とのこと。
花珠は滋賀県草津市で、伝統的な草津陶芸を継承する山本義宣氏とその息子山本一真氏が丁寧に手作りしています。
今回のカラーは、ブラックとゴールド。軟水や硬水問わず、どの国の水でもお使いいただけるように、表面をコーティングする釉薬を厳選した特別バージョン。サイズもそれぞれ5種類ご用意いたしました。

おすすめのリワード(返礼品)

誰でも簡単に生け花を楽しめるのが、花珠の魅力。 特に、一番小さい花珠(XXS)は、ご家庭にあるグラスとも合わせることができるコンパクトな大きさで生けるのも簡単。初めて生け花をする方におすすめです。 ・花珠(XXS):H5.0×W5.5cm / 70g ¥4,000 (先着10名限定¥3,600) 豪華な仕上がりを目指すなら、大きいサイズがおすすめ。 お店のオブジェとしても使えそうな、映える生け花を飾りたいという方は、こちらをご検討されてみてはいかがでしょう? ・花珠(L):H8.0×W10.5cm / 300g ¥10,000 (先着10名限定¥9,000 ) そして、花珠をご購入いただいた全ての方へ「生け花の実演ビデオ」をプレゼント。 さらに、それぞれのサイズ毎に先着10名限定の特別価格(10%OFF)のリワードをご用意しております。
・花珠(XXS):H5.0×W5.5cm / 70g ¥4,000 (先着10名限定¥3,600) ・花珠(XS):H5.0×W6.5cm / 90g ¥5,000 (先着10名限定¥4,500 ) ・花珠(S):H6.5×W8.2cm / 180g ¥6,000 (先着10名限定¥5,400 ) ・花珠(M):H7.0×W9.5cm / 250g ¥8,000 (先着10名限定¥7,200 ) ・花珠(L):H8.0×W10.5cm / 300g ¥10,000 (先着10名限定¥9,000 ) <お得なセットのリワードもご用意しました> ・花珠(M)ペアセット(2個):H7.0×W9.5cm / 250g ¥15,000 ・花珠(L)ペアセット(2個):H8.0×W10.5cm / 300g ¥19,000 ・コレクターズセット(全サイズ) ¥31,000 ・コンプリートセット(全サイズ+切り花ハサミ) ¥35,000 <花珠をご購入いただいた方には、こちらのビデオがついています> ・生け花の実演ビデオ ¥1,000 <アドオンとして、茎、枝、ワイヤーを簡単に切断できる切り花ハサミをご購入いただけます> ・切り花ハサミ :L7.7×W4.6cm / 200g ¥5,000

より詳しい情報と支援はこちら↓

プロジェクトオーナー情報

Fan Raise Japan
私たちは、日本のものづくりを応援するために集まった、Kickstarterエキスパートの認定をうけている特別なチームです。クリエイター(作り手)が生み出す素晴らしい商品を世界に紹介するために、必要なノウハウと経験をもつ専門スタッフがクリエイターの世界デビューをサポートしています。 https://www.fanraise.jp
この記事は、クリエイターのためのツール「プロモくん」で作成されています。
KickstarterでPJTをローンチするクリエイターなら誰でも下記URLから、
NaviサイトへのPJT紹介記事の掲載申請ができます。